記事の詳細

こんにちは
スノーボードクロスの桃野慎也です。
 
10月16日~11月1日
全日本の遠征でオーストリアに行き練習してきました。
 
今回は、
選手3人
コーチ2人
トレーナー1人
の6人。
 

 
毎年来ている、ヒンタートゥックススキー場。
標高3000mの氷河のスキー場です。
 

 
私の今回の目的は、2つ。
 
1つ目は、高い標高での滑り込み。
12月のW杯は、高い標高でのレースが続くので、
この時期の高地トレーニングは欠かせません。
高地でのトレーニングを行い、身体をしっかりと慣らしていくことが大切です。
 
2つ目は、スタートセクションの練習です。
(スタートセクションとはスタートしてから10mまでのこと)
スタートセクションは、今、世界各国どの選手も力を入れて練習しています。
0.1秒でも速く滑る為に、反復練習!
スタートセクションの強化は、レースで勝つための大きな鍵となります。
 

 
9月のW杯で悪い結果を出してしまってから、
約1ヶ月半が経ちました。
 
まだまだ世界で戦える状態では無いですが、
調子は良くなって来ています。
 
次のW杯まで約1ヶ月半。
焦らず、しっかり計画を立てて、トレーニングに励みます。
 
トレーニングジムから見える景色
 

 
スノーボード練習の後は、筋力トレーニング。
 

 
また、11月17日からヨーロッパに遠征に行きます。
さらにパワーアップをして12月W杯に挑みます!!
 
応援宜しくお願いします。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る